Amazonアソシエイトの審査を7回目で通した 解析編 | Pちゃんの備忘録

Pちゃんの備忘録

*

Amazonアソシエイトの審査を7回目で通した 解析編

   

スマホ用

スポンサーリンク
Pocket

こんにちはPちゃんです。

AmazonってOneクリックで商品を買えるから、結構便利なんですよね。寒い日とか予定が有る日でも、取り敢えずポチっとけば、プライム会員なら次の日に届けてくれるので、値段が少し高くても便利さ所以についつい頼ってしまうんですよね。

最近ではAmazon musicやビデオ、Amazon photosなどの嬉しい付加価値がついてしまって、年会費を上げられても抜け出せないAmazon沼にハマってます。

 

Amazonアソシエイトに登録した理由

一番の目的はお金儲けじゃないんです。と少し澄まして言ってみたりします。。。

私が必要としていたのは、下の写真の様に、商品を綺麗な写真付きで紹介できるリンクが欲しかったんです。更に、自分の意見以外に、口コミのサイトも直結しているので、尚の事便利と感じてました。

もともと、自動車整備やキャンプ用品を中心にブログを書くことが当サイトの目的でしたが、詳しい商品説明や奇麗な写真を撮ると事まではキャパオーバーというか、自分の力だけでは時間だけが取られてしまうので、プロが撮った写真を簡単にリンク出来るアフェリエイト系のリンクは持って来いのシステムでした。

何度も審査に落ちたけどブッチャケ理由がわからない

能書きが置いておいて本題に・・・

私の場合、Amazonアソシエイトの他に、A8netのAmazonも申請していました。A8netでも申請した理由は、そちらの方が審査が受かりやすいとネットなどの前評判を参考にしてたからです。結果はどうだったかと言うと、本家のAmazonアソシエイトは7度目に申請で何とか受かりましたが、A8netでは同時に申請したにも関わらず、何故か意味不明な事に不合格でした。

troubled-face

でで、一番の問題は何かというと、『何で審査に落ちたかは誰も教えてくれない』と言う事ですよね。沢山のサイトを回って自分が気付いていない事が無いか探し回ったんですが、思い当たる節が無いんです。不許可のメールが来る度に頭を掻きむしってました。。。

以下にネットを参考に、各申請回数毎の対策内容を記載します。

  1. Google Adsense等のアフェリエイトを削除
  2. お問合せページの作成
  3. 申請するページをTopページだけじゃなく、ブログ記事を追加(これ以外はTopページのみに戻した)
  4. プロフィールにコメントを追加
  5. ブログを3個から1つ増やして申請
  6. 何も対策なしで申請

※なお、最初の申請時に以下の件は織り込み済みです。

  • google等のフリーメールは使用していない
  • Amazonで購入実績のあるIDを使用

どうですか?ここまで来れば何が原因か分からないんですよね?

一般的に指摘されている項目は全て網羅したつもりです。残る懸念事項と言えば、サイト立ち上げからの日数が浅い程度しか思い当たる節が有りません。とは言いましても、ネット徘徊しているとブログの記事が3個程度でも審査に受かったと言う実績もあり、なんで俺だけ?と言う納得いかな状態が続きました。

こんな不公平感から、項目6にある通り、一回対策しないで申請しましたは・・単純に疲れたからです(笑)

あわよくば、申請日が変われば審査者が代わって、審査するポイントもズレるのではないかと言う淡い希望的観測でしたが、見事に玉砕!ま~ここで審査する基準がズレないんだと決め込んで、この審査員対策を検討しました。

 

Amazonアソシエイトの審査は何を見ているか解析

頼みのネットの情報も使えるものが無くなったので、仕方なく自分で解析する事に・・いったい私のページの何処を見ているんだろう??と言うところで、Google Analyticsの解析から始めました。

結論から先に申しますと、落とされた時のAmazonの審査員は何も見てません(笑)

Amazon-Google-Analytics-unauthorized

審査不合格時の解析

 

見て下さいよ!憎たらしい程にスルーされた私のTopページ(笑)

ま~これを見た時には、ある意味考え方が変わりましたよね。そっちがそのつもりなら、こっちにもやり方が・・・ってな感じに(笑)

ちなみに、A8netの『ファンコミュニケーションズ』は解析の網に掛かりませんでした。解析に掛からない様に対策しているか、もしかすると申請しても対象となるサイトをチェックしていない可能性もあります。

こんなサイトはこちらからお断りです(笑)

Amazonアフェリエイトの審査を通すためには

対策としては、トップページにある小細工をしました。何か別の記事を追加したり、写真を載せたりだとか、そんな面倒な事は、こんな審査員相手にはしたくないなと・・・。

 

7回目のAmazonアソシエイトの申請で、トップページのみある対策をしたら、以下の通り審査員の閲覧時間が増えて、無事審査に通りました!!ココまで来たら、ある意味騙し合いですね(笑)

Amazon-Google-Analytics

審査合格時の解析

 

対策内容は次の記事で記載予定です。

まとめ

上記の通り、ネットの対策を網羅したにも関わらず、Amazonアフェリエイトを6回も落ちた為、Google Analyticsで解析しました。解析結果により、Topページの重要性を再発見し、簡単に出来る、ある対策をすると、見事Top記事の閲覧時間が増えて7回目の申請で審査に通りました。

 

ある対策については次のブログで記載します。

 

Pocket

 - アフェリエイト