冬のキャンプで用意したい薪ストーブ!おすすめの製品は? | Pちゃんの備忘録

Pちゃんの備忘録

*

冬のキャンプで用意したい薪ストーブ!おすすめの製品は?

      2017/12/13

スマホ用

スポンサーリンク
Pocket

春夏秋冬、季節を問わず、私はキャンプに薪ストーブを携帯しています。また、キャンプをするなら薪ストーブを絶対に買えと仲間には強く勧めています。

その理由は焚き火台より、機能面で優れており、他のキャンパーと差別化出来るからです。先日もキャンプ場の炊事場でダッチオーブンを洗っていた時、『薪ストーブにダッチオーブのダブルセットは憧れです』的な事を言われてしまいました。確かに、私個人も薪ストーブに憧れて、キャンプ道具の初めに薪ストーブとダッチオーブンをセットで購入した種類の人間です。その時は『早くテント買えよ!』って周りに突っ込まれましたが・・・。

自称、薪ストーブの伝道師として『果たして薪ストーブを憧れの存在で終わらせていいのだろうか?』と自問自答し、今回のブログを書く事にしました。

結論から申します。『皆さん、キャンプするなら薪ストーブを絶対に購入しましょう!』

薪ストーブの写真

お洒落な薪ストーブ

冬のキャンプで使うストーブの種類は?

冬のキャンプで暖房機器は必需品と言っても過言ではなく、暖を取るためのアイテムです。

アウトドアと言えば夏がメインですが、秋から冬にかけての季節は綺麗な星空が見られるなど違った魅力がありますよね。また、昨今のキャンプブームにより、シーズン中はキツキツの環境で本来のキャンプを楽しめない事も多くなっています。シーズンオフの秋~冬に掛けてはキャンパー人口も少なくなり、本来のキャンパーには天国の季節と言えることでしょう。

冬のキャンプで使うストーブは使用する燃料が選び方のポイントとなり、種類によってどんな違いや特徴があるのか見ていきましょう。

石油ストーブ:大型の製品が多くて火力が強く、広範囲を温めることができる
薪ストーブ:パチパチと薪の燃える音がして焚き火をしている感覚になる
ガスストーブ:カセットボンベを使うタイプでスーパーやコンビニでも使用可能

燃料の種類によって使い方が微妙に異なりますので、自分のキャンプスタイルに合わせて使うストーブを決めるのがポイントですよ。

ホンマ製作所 薪ストーブの写真

ホンマ製作所 薪ストーブ

冬のキャンプで役立つ薪ストーブ!どんなメリットがある?

冬のキャンプの暖房機器でも薪ストーブは人気で、「この暖かさを知ったら元に戻れない」と感じている方も少なくありません。

実店舗やインターネット通販では、様々な種類のアウトドアタイプの薪ストーブが販売されています。

他のストーブと異なり、薪ストーブにどんなメリットがあるのか幾つか挙げてみました。

  • ストーブの中でも最も温かく、かなり広い空間を温めてくれる
  • 薪の確保さえできれば暖房費は0円とコストパフォーマンスが良い
  • 燃料の薪はどのキャンプ場でも、だいたい500円ぐらいで購入できる(料理に使うなら2束購入)
  • インテリアとして見た目も良く、キャンプ以外の普段使いでも役立つ
  • 煮込み料理や焼き芋などキャンプ地で様々な調理が可能
  • 薪の量の調節で細かく室温調整ができる

たった1台の薪ストーブがあるだけで、大人数用のテントも汗ばむくらいに温められます。

防寒に加えて調理も可能な秋冬キャンプの必需品ですので、アウトドアをより楽しむために用意してみてはいかがでしょうか。

薪ストーブにデメリットはある?

火力が高かったり調理に向いていたりと薪ストーブはキャンプで大活躍するアイテムですが、以下のようなデメリットがあります。

  • 薪を用意しないと使うことができない(薪を集めるのが面倒)

  ⇒キャンプ場で購入可能

  • ガスストーブと比較すると着火方法など取り扱いが難しい

  ⇒新聞や段ポールを焚き付けに使うと簡単

  • 室内で使用する際は一酸化炭素中毒に注意しなければならない

  ⇒警報機で万全な体制を整える

薪を運搬する写真

薪集めの大変さ

薪を集めるのが大変だと感じている方は多いものの、材料を自分で集めるのもキャンプの醍醐味ですし、比較的多くのキャンプ場に置いてありますので燃料切れの心配はないですよ。

初めは着火に手間取る事があるかもしれませんが、ナイフで薪を小割にし、焚き付けを作ると簡単に火が付きます。最終手段はバーナーを使って一気に着火する事も可能です。

初めてのナイフ選び斧の選び方は本ブログPちゃんにお任せ下さい!

テント内での使用では、一酸化炭素中毒に注意が必要です。テント内は気密性が低いからと過信せずに、警報機を必ずセットしましょう。

冬のキャンプでおすすめの薪ストーブをチェック!

以下では冬のキャンプでおすすめの薪ストーブを幾つか紹介しています。

製品によって性能に大きな違いがありますので、比較の参考にしてみてください。

ホンマ製作所のステンレス時計1型薪ストーブAS-60

ホンマ製作所のステンレス時計1型薪ストーブAS-60は扱いやすいと評判で、キャンプの定番のアイテムと言っても過言ではありません。

火力や使いやすさで比較して石油ストーブを選ぶ方は多いものの、重くて大きいため持ち運びしにくいデメリットがあります。

しかし、ホンマ製作所の薪ストーブはステンレスで作られているため、設置も運搬も楽にこなすことができますよ。

他にも、ステンレス時計1型薪ストーブAS-60の特徴を幾つか挙げてみました。

  • 直ぐに使用できる煙突が付いている
  • 天板に鍋やヤカンを置いて調理が可能
  • 大きめの薪でも入れることができる

初めて薪ストーブを購入する初心者はこの製品を選んでみてください。

ホンマ製作所 ステンレス時計1型薪ストーブセット
ホンマ製作所 ステンレス時計1型薪ストーブセット
  • ホンマ製作所
  • 価格 : ¥ 11,340
  • 商品ランキング : 1,691 位

また、ホンマ製作所ではステンレスではないですが、収納ケースもセットになった商品もあり、私はこれを2年ほど使用しています。

ホンマ製作所 ストーブコンロセット
ホンマ製作所 ストーブコンロセット
  • ホンマ製作所
  • 価格 : ¥ 15,264
  • 商品ランキング : 6,836 位

初めて使う際の注意点などは、動画にしていますので、参照して下さい。

扉は必ずガラス窓に変更しましょう!

キャンプの薪ストーブは持ち運びも簡単です。乾いた薪を使う事を条件に、煙の量も非常に少なくなりますので、庭先で薪ストーブを使って料理するのも非常に楽しいですよ!

テンマクデザイン iron-stove ちび

テンマクデザイン iron-stove ちびは他の製品とは違い、薪ストーブだけではなくオーブンとしても使用できます。

  1. コンパクトながらも薪を投入するところは広々としている
  2. 天板に直火があたる2つの火口で鍋を温めて料理できる
  3. 窓付きで料理の出来具合をチェックできる

上記のように使いやすさも高い評判を獲得している理由で、冬の暖を取りながらキャンプ地での料理の幅を広げたい人におすすめです。

テンマクデザイン iron-stove ちび アイアンストーブ
テンマクデザイン iron-stove ちび
  • tent-Mark DESIGNS
  • 価格 :
  • 商品ランキング : 288,129 位

笑 s フォールディング薪ストーブ「焚き火の箱」

火の揺らめきを楽しみながら冬の暖と調理を楽しみたい方には、笑 s 「焚き火の箱が」が適しています。

タイトルのフォールディング薪ストーブの通り、折り畳みが可能で、どの薪ストーブよりもコンパクトになります。

車に乗せる際も邪魔にならず、家での収納スペースの問題も心配する必要はありません。

また、側面に大きなガラス窓が付いていますので、揺らぐ炎をゆったりと飽きることなく眺める事が出来るのでお勧めです。

 

Pocket

 - キャンプ・ブッシュクラフト ,