Pちゃんの備忘録

*

キャンプで役立つナイフの種類!おすすめの製品は?

   

スマホ用

スポンサーリンク
Pocket

ファミリーキャンプでもナイフが必要と考えています。

私がイメージするナイフの活用シーンはキャンプの醍醐味である、焚き火です。

薪はキャンプ場で用意されている、予め斧にて割られている物を使うにしても、そのままのサイズではなかなか着火する事は難しいです。

ナイフや斧ではなく、ペグとハンマーで薪を割っている人を見たこともありますが、イヤイヤそれは危険です。。。

ナイフにて、バトニングして割りばし程度の細さにはしたいものです。

また、食材の調理にもナイフが最適です。包丁を使うにも、持ち運びのケースが必要です。

そんな時はフォールディングナイフを使えば移動中に他の物を傷つける事もありません。

もちろんナイフを携帯するのであれば、知らなければいけない法律もあります。

そこで本ブログでは目的別に合わせたキャンプに最適なナイフを紹介します!

食材用ナイフと生板

キャンプ用ナイフ

キャンプでのナイフの使い道は?

キャンプやブッシュクラフトを楽しむに当たり、アウトドアナイフは欠かせないアイテムの一つですね。

以下ではキャンプでのアウトドアナイフの使い道を幾つか挙げてみました。

  • 料理をする際に野菜や肉などの食材をカットする時
  • テントやタープを張るロープを切る時
  • ファイヤースターターで火起こしをする時

何本も持ち運ぶ必要はないものの、ハサミでは上手くカットできないことが多いので1本のアウトドアナイフは事前に準備しておくべきです。

キャンプで役立つナイフの種類をチェック!

一口にナイフと言っても、様々な種類やタイプに分けられます。

キャンプのスタイルによって選び方が異なりますので、「どんなナイフを使えば良いの?」と疑問を抱えている方は種類別の大まかな特徴を見ていきましょう。

シースナイフ:折りたたみができない固定刃で、頑丈な刃なので堅牢性や刃渡りを必要とする用途で活躍する
フォールデイングナイフ:折りたたみ式なのでコンパクトに携帯でき、キャンプ用のナイフとしてポピュラー
ツールナイフ:単純に物をカットするだけではなく、栓抜きやキーリング、ノコギリなど多種多様な機能を兼ね備えている

折りたたみ機能のないシースナイフは、焚き火の薪の焚き付けを作る為に使用したり、道具や工具に近い使い方をしています。

コンパクトに携帯して持ち運びが可能なフォールデイングナイフや、多機能を兼ね備えていて利便性の高いツールナイフが人気を得ています。

こちらはシースナイフに比べると刃の厚さが薄い為、頑丈ではないですが、食材を切ったりする事に多用しています。

シースナイフで食材を切ると、食材をぶった切るというか、切り裂くという感じになってしまいます。ですから、細かい作業にはフォールディングナイフかツールナイフに最適でしょう。

コケの上に置かれたフォールディングナイフ

フォールディングナイフ

ナイフの購入前にチェックしておきたいポイント

アウトドアナイフを購入する前に、所持するに当たって法律の知識を得ておかなければならないのがチェックしておきたいポイントです。

購入するナイフの種類によっては、次のように銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)や軽犯罪法で制限されています。

銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)⇒業務で使う場合を除き、刃体の長さが6㎝を超える刃物を所持してはいけない
軽犯罪法⇒ナイフの刃の大きさに関わらず、正当な理由なく刃物や器具を隠して携帯していた者は拘留または科料

法律について知っておかないと楽しいキャンプが台無しになるケースも少なくないので、フィールドの中に入るまでは必ずカバンの奥に収納しておきましょう。

キャンプで使いたいおすすめのナイフは?

以下ではキャンプで使いたいおすすめのナイフを幾つか挙げてみました。

製品によって刃の大きさやグリップの持ちやすさに違いがありますので、自分のキャンプスタイルに合わせて選んでみてください。

ツールナイフ

ツールナイフ

モーラ コンパニオン ヘビーデューティー MG(シースナイフ)

シースナイフの代表格といえばこのナイフに間違いありません。

初めてのナイフとして、私が初心者には必ずお勧めするナイフで、なぜこのナイフを買わないのかと逆に質問したくなる程、定番のアイテムです。

  • 価格が安いので、刃こぼれを気にすることなくガシガシ使える
  • カーボン素材だからこそ、箱出しの状態からでも鋭い切れ味を堪能できる
  • 刃圧が3.5mmあるので、バトニングの楽しみを教えてくれる

キャンプに限定すると、このナイフがあれば調理以外の作業であればこのナイフがあれば十分ことが足りるでしょう。

もっと詳しいナイフの情報を既に記載していますので、そちらを是非とも合わせて読んで下さい。

ライトマイファイヤー ファイヤーナイフ(シースナイフ)

頑丈な刃を持つシースナイフが欲しい方には、ライトマイファイヤー ファイヤーナイフがおすすめです。

約3,000円とお手頃な価格で販売されているナイフで、どんな特徴があるのか見ていきましょう。

  • ナイフとファイヤースターターがセットになっていて、グリップ部分で着火できる
  • 錆に強いステンレス製なので長く使用できる
  • ポップな色使いのデザインがアウトドアを盛り上げてくれる

ファイヤースターターって、意外と着火したい時にどこか行方不明になっている事がちょこちょこ有るんですよね。だから、このナイフの様に一体化されていれば探さずに済むので、余計なストレスに苛まれる事は無いかもしれません。私の様な、慌てん坊さんや忘れん坊さんには打って付けのナイフですね。

コンパクトなサイズですので、初心者でも簡単に取り扱うことができますよ。

OPINEL ステンレススチール(フォールディングナイフ)

OPINEL ステンレススチールは、収納できるタイプのフォールディングナイフです。

1890年に開発された草分け的ブランドで、他のナイフとは違ったおすすめポイントをまとめてみました。

  • 錆びにくいステンレススチールが採用されているので、長持ちしやすく食材の調理にはピッタリなナイフ
  • 柄のデザインは持ちやすくて使いやすい
  • グリップの材質の中でもブナがシンプルで手に入りやすい

Amazonのカスタマーレビューでも高評価を得ているため、初めてのナイフ選びで失敗したくないと考えている方はOPINEL ステンレススチールを選んでみましょう。

ビクトリノックス ミニチャンプAL(ツールナイフ)

多機能を持つツールナイフの中では、ビクトリノックス ミニチャンプALがおすすめです。

スイスのマルチツールの老舗メーカーで、その中でもビクトリノックス ミニチャンプALは人気を得ています。

  1. スモールブレード(小刃)
  2. ハサミ
  3. つめやすり
  4. つめそうじ
  5. 甘皮押し
  6. マイナスドライバー
  7. スケール
  8. レターオープナー
  9. オレンジピーラー
  10. スクレイパー
  11. せん抜き
  12. プラスドライバー
  13. ワイヤーストリッパー
  14. キーリング

上記のように14種類の機能が備わっているため、1本さえ持っていればキャンプの様々な用途で活躍するでしょう。

「レッド」「シルバー」「ブラック」の3種類のカラーからお好きなものを選んでみてください。

Pocket

 - キャンプ・ブッシュクラフト , , ,